在宅ウェブライターで稼ぐ方法とコツ

ブログライター,ウェブライター,副業,稼ぐ,比較

空き時間やスキマを使ってブログで稼げるウェブライターの仕事を紹介します。

ブログライター,ウェブライター,副業,稼ぐ,比較

実は私も恥ずかしながら高校生の時は早稲田の第一文学部に入って、小説家として生きてみたいと思いました。その後、自分には才能がないと気付き、英語などの翻訳家をして英文にでも入ろうかな?

 

と思ったのですが、結局流れ着いて日本語教師になり、ビジネスを教えているわけですが、ブログやHPに文章を書いて稼げる世界があることを当時はまだ知らなかったことを後悔しています。

 

また、海外にいた時も、スマホさえ持っていけば、空き時間にチョコチョコ文章を書くだけの在宅ライターとして、生活費の足しにすることができたのでは?

 

とこの業界を知ってから、常々思うようになりました。

 

ブログライター,ウェブライター,副業,稼ぐ,比較

 

そこで今回は在宅の副業としてウェブライターやブログライターといった仕事を紹介しつつ、実際にどんな内容なのか?どこで登録すれば失敗がないのか?書くべき文章はなんなのか?

 

結局幾らぐらい稼げるのか?なんてことを紹介したいと思います。

 

少子高齢化の現在、年を取ると共にリストラの可能性は増えており、しかも病気のリスクや介護リスクが避けられない時代になってきました。でも在宅ライターであれば、家にいながら稼げますし、文章力を鍛え、世の中のニーズを知ることによって、再復帰も可能ではないか?と本気で思っています。

 

ワークシェアリングの決定版!!

 

この業界はこれから絶対に伸びる分野です。高齢者こそチャレンジしてほしい。そのような思いでサイトを作成しています♪

 

【 作者自己紹介 !】
日本語とネットビジネスを教えながら月に100万以上稼いでいます。ブログを読むのも書くのも好きな人は、ライターやアフィリエイターの仕事はピッタリだとおもいますよ!ほとんど情報は無料で開放していますのでぜひ参考にしてくださいね!!

 

 

普段はこんな授業やってます!年収1000万の思考法かな(笑)

 

関連:ウェブライティングの技術まとめ

 

 

ブログで稼ぐノウハウと秘訣

 

 


最近ランサーズとココナラに並んで人気のクラウドサービスがシュフティです。まあ、このようなサービスは差別化が難しくてどこでもできるので今後もどんどん誕生しては消えると思いますが、ただ、今は新しいサービスで知名度がそこまで高くないせいか、結構良い案件が転がってます。

 

というわけで簡単な使い方と在宅ライターとして頑張ればどのくらい稼げるのか?図解入りで紹介ます

 

 

@ シュフティーに登録

 

シュフティの口コミと評判!副業サイトとして稼ぎやすい?? 

 

シュフティの口コミと評判!副業サイトとして稼ぎやすい??

 

簡単にライティングのやり方があるので、解説に従って20ポイントを
稼ぎましょう。

 

シュフティの口コミと評判!副業サイトとして稼ぎやすい??

 

実際のライター案件はカテゴリから選びます。
基本的には指定のキーワードを入れて文字を書くだけですね?

 

シュフティの口コミと評判!副業サイトとして稼ぎやすい??

続きを読む≫ 2015/12/07 10:45:07

リライトをする上で、個性的な文章を書きたい、と考えるのは自然な事です。リライトをしていると、どうしても、元ネタの文章のイメージがら抜け出すことが出来ず、書きあがったものも元の文と大して変わらない。

 

無理して変えようとすると、逆に日本語がおかしくなってしまう。このような悩みはリライトライターなら誰もが抱えていることでしょう。この悩みから抜け出すためには、どうしても個性的なリライトをしていく必要があるのです。

 

ところで、リライトにおける個性とは何でしょうか。一般的に個性的な文とは、その人にしか書けないものを指します。他の人には出来ない表現方法を使ったり、そもそも他の人には思いつかないような結論を持ってきたりすることで個性が産まれ、文に面白味が出てくるのです。

 

実はリライトにおいても同じことが言えます。他の人には出来ないあなただけの表現方法で記事を書いていく事がリライトの場合も個性となっていくのです。

 

記事ネタ,個性を出す,リライト

リライト記事にはある程度の付加価値を加える必要があります。これは当然なことで、付加価値が無ければ、元の文章を読めばいいだけの事になってしまうのですね。

 

あなたの書いた文章を読む必要はありませんし、Googleはある程度まで早い者勝ちの考え方でペナルティーを与えているので、恐らくはあなたの文章はコピペと判断されてしまうでしょう。

 

元の文章ではなくて自分の文章を読んでもらうために、付加価値を加えることは絶対に必要なのです。

 

ブログライター,リライト

 

ブログライター,リライト

アフィリエイトサイトでよく見られるのは、リライトによる記事の量産でしょう。一つの記事に対して、より読みやすい文章を公開していく事は決して間違った事ではありません。しかし、行き過ぎたリライトはスパム判定されてしまい、ペナルティーをもらってしまう事もあります。今回は、スパム判定されてしまうラインの目安について考えましょう。

 

基本的な考え方は、「ズルをしていないか」という事です。自分の考えを発表する場で、他の人の意見をさも自分で考えたかのごとく発表するわけです。他のサイトからコピペしてきただけの文章は、当然ながらスパムです。

 

言うまでもなく、スパムとしてペナルティーをもらうでしょう。微妙なラインとしては、文末の書き換えや段落の入れ替えなどによるリライトでしょう。こちらの目安としては、リライトされた文章を読んでみて、明らかに元ネタの文章が分かってしまうか、という事になります。

 

ブログライター,リライト

ブログライター,リライト

ブログライターにとって、書いた記事がコピペと言われてしまうことは屈辱です。リライトは、サイトによって目的は違えど、立派な執筆行為。身に覚えのない批判を避けるためにも、コピペリライトと言われないような記事を書くための工夫をしていく必要があります。

 

と言うのも、現代のような情報社会において、文章のすべてが全てオリジナルの記事と言うものは、まず書くことは難しいと思われます。文章の中に他の文章の内容が入ってくることは、ある程度は仕方のない事なのです。

 

では、実際に執筆をする上でどのような工夫が出来るのかを考えてみましょう。

 

 

 

ブログライター,リライト

 

ブログライター,ウェブライター,生計,自立,自活,一人暮らし

当サイトから私のメインブログやHPに来て下さり、人のために記事を書く在宅のウェブライターの仕事から、自分の力で稼ぎ、自活できるレベルまで行くために、アフィリエイトの道を選んでくださる人が増えてきました。

 

確かにクラウドソーシングの需要は増え、専門分野に特化すればある程度ライターの仕事で稼ぐことは可能でしょう。ランサーズも、shinobiライティングも、ココナラも案件はかなり増えてきました。

 

ただ、いくらニーズはあっても、家族を養って生活できるレベルまで、在宅ライターの仕事だけで稼げるのか?
それを考えたところ、限りなく歩合制に近いライターの仕事では不可能であると判断しました。

 

お小遣い稼ぎはできても、人の人生をしょい込むまで稼げるか?というと、ブログライターの仕事では限界があると思うのです。

 

ブログライター,ウェブライター,生計,自立,自活,一人暮らし

 

続きを読む≫ 2014/11/25 23:57:25

ブログライター,アフィリエイター,比較,転職,

確かにブログライターというのは記事単位でお金はもらえますし、隙間時間を使って安定して稼ぐ事ができる仕事なのかもしれませんね。ただ、そうは言え記事の単価の限界は500円程度。しかもあまり書きたくないクレジットとか、恋愛とか、ダイエットとか、そういった記事ばかりを書かされるのではありませんか?

 

私のメルマガ読者の方でもブログライターからアフィリエイターへの転向を目指して講座を受けている人が多数います。といことで今回はブログライターとアフィリエイターを比較しながらメリットやデメリットを書こうと思います。

続きを読む≫ 2014/10/11 18:41:11

ライター,相場,一文字,一記事

ウェブライターの報酬はピンからキリまであります。仕事の種類にもよりますしその中の案件でも単価は変わってきます。例えばブログライターでは1記事が200文字位の案件で100円?良くて300円程です。

 

空き時間に少しずつできるので時間を無駄にせずに稼げるでしょう。

 

慣れてくれば時給換算にすると結構いけるのではないでしょうか。リライトは1記事600文字?800文字位の案件で100円?高くて500円程です。

 

文章が与えられている分、ネタを調べる作業など抜きにすぐに記事作成にとりかかれます。

 

ライター,相場,一文字,一記事

 

しかも実績が認められると単価もあがる可能性があります。小さいことのようですが、慣れてくるとかなりの差につながることが分かります。

 

例えば、はじめのころは月にリライトできたのが70記事だったところが、慣れてきて100記事以上書けるようになりました。

 

そして実績も認められて単価が100円から200円にあがったとすると、1ヶ月の報酬は最初は7000円だったのが、20000円と大きく上がります。

 

同じ作業ではあるのに1万円以上も変わるのです。もちろん個人個人で速度は違うのですが、頑張り次第で時給も倍以上に変わったりするのです。

 

 

ライター,相場,一文字,一記事

 

ウェブサイトの記事の作成を構成から行う場合は、すべてまとめての報酬となることが多いです。

 

案件によりますが数万円は報酬を得られるのが一般的となります。

 

情報商材などもすべてまとめての報酬を受け取れます。かなり量は多いですが、10?30万の報酬は望めるでしょう。

 

ただこれらは、情報を調査して収集する時間を考慮すると時給換算にして低くなる可能性もあります。

 

 ただこのようにどの分野のことも記事にできるのだと評価をしてもらえると、高く評価を受け、その後もリピートで発注をするようになり、仕事を探す手間がかからなくなります。

 

 

発注者側もいいライターが見つかれば安心して頼めます。

 

新たにライターを探す手間をかけたり、そのライターの記事の品質に関しては未知なので恐いのです。

 

そのため1度信頼をしてもらえれば仕事は途切れなくなります

 

続きを読む≫ 2014/04/08 13:06:08

ゴーストライター,執筆代行,副業,稼ぐ

ゴーストライターは主に書籍を代行して執筆するライターです。専業ライターの主な活動分野でもあります。なかには雑誌の一部のコーナーを執筆する場合もありますが、たいていは書籍の代行であるので、丸々一冊の本を書き上げることができる能力が必要です。

 

ゴーストライターが執筆する書籍の多くは自己啓発本や投資の本などの「ビジネス書」関連です。

 

そしてその著者といえば多くは、企業の社長やCEOであったりとか、有名な評論家や研究者などのいわゆる地位がある人であることが多いので、その方々の代行執筆ということになります。

 

ゴーストライター,執筆代行,副業,稼ぐ

 

 

 専業ライターとして執筆する場合は、直接この方々に話を聞きにいき、それをもとにして書籍を書き上げる作業となります。この作業にはまとまった時間や指定の場所に行くなど、執筆に専念できることが必要です。

 

しかし副業ライターはあくまで副業であるので、時間や場所にとらわれない執筆活動を行います。

 

 

 その方法は、著者として売り出す方の今までの書籍を何冊か読んで、それをもとにまとめて、タイトルを新たに売り出すという方法です。

 

ゴーストライター,執筆代行,副業,稼ぐ

 

これならば取材は不要ということも多いのです。または、その方の今までの講演会の内容を、資料や内容の記録、録音データをもとに本にまとめるという方法もあります。

 

文章力や編集に自信があれば充分受注できます。

 

自分にできそうな案件を募集サイトにておりおり確認しましょう。

 

 

報酬は一般的に、書き上がった原稿を買い取られる形で支払われます

 

しかし、たまに印税として支払われるものもあります。著者として売り出された者がもらう印税の何%かが支払われ、人気があり増刷などがあった分もずっと印税が収入として入ってきます。

 

人気の著者の執筆代行に当たることができれば高額な不労所得のようなかたちになることもあり得ます

続きを読む≫ 2014/04/08 12:55:08

情報商材,ライター,副業

情報商材とは、情報自体に価値があり、なおかつまだ世の中に知れ渡っていない情報を主に電子化した商材です。

 

主にコンプレックスを解決する方法やお金を設ける方法、恋愛を成功させるテクニックなどの分野の情報が多く、高いお金を出してでも解消したいことや実際に役に立つ情報が商材となります。

 

 販売されるので、直接的にインターネット上に公開されることはありません。また自分で書いたものを、電子書籍を販売しているサイトに投稿することもできます。

 

情報商材,ライター,副業

 

 情報商材の販売側は、記事の作成を外部に頼むことが多々あります。

 

たいていはその分野の専門家が書くことになります。ですので、もし自分が何かのプロであったりする場合はすぐにはじめられる副業でもあります。

 

例えば、本業がエステティシャンだったらダイエットの方法を文にできるかもしれないし、スロットなどのギャンブルではほとんど負けないという人ならその方法を文に書けたりします。

 

自分が実績がありコツを知っている場合やなにかのプロで場合は募集案件によっては参入できる可能性があるのです。

 

情報商材,ライター,副業

 

 またそのような専門性を持っていなくても、受注できる場合もあります。元ネタや資料は用意してあり、それを商材としての文章にまとめるといった案件もあるからです。

 

中には専門家にアポイントはとってあるので、直接話を聞いてきて文章にまとめて欲しいといったものもあります。強調したいのは、専門分野がなくとも、文章力や取材力さえあれば受注できるということです。

 

しかし、思ったよりも手間がかかったりするので、案件をよく調べてから受注しましょう。

 

報酬の単価はかなり高めとなっています。

 

情報商材自体が高く販売されるので1つの仕事で10万以上?30万程の収入が得られます。

続きを読む≫ 2014/04/08 12:54:08


ブログライター,ウェブライター,副業,稼ぐ,比較

 
アフィリエイトの歴史と真実 ネットで1000万稼ぐネタ 男性の在宅ワーク ライターランキング ホームへ