ブログライターとしてやってはいけないこと

ブログライター,リライト

ブログライターのプライドにかけてコピペ判定は避けましょう!

ブログライター,リライト

ブログライターにとって、書いた記事がコピペと言われてしまうことは屈辱です。リライトは、サイトによって目的は違えど、立派な執筆行為。身に覚えのない批判を避けるためにも、コピペリライトと言われないような記事を書くための工夫をしていく必要があります。

 

と言うのも、現代のような情報社会において、文章のすべてが全てオリジナルの記事と言うものは、まず書くことは難しいと思われます。文章の中に他の文章の内容が入ってくることは、ある程度は仕方のない事なのです。

 

では、実際に執筆をする上でどのような工夫が出来るのかを考えてみましょう。

 

 

 

ブログライター,リライト

 


ペナルティー判定を受けない記事の書き方の2つのコツ

まず初めに言えることは、一つの文章だけでリライトしない事です。依頼が特定の文章のリライトであったとしても、似たジャンルの文章をいくつか読むようにしましょう。

 

 

文章の最終的な落としどころを変えるわけにはいきませんが、途中の言い回しや具体例などの部分については、同ジャンルの別の文章が役に立つことはたくさんあります。

 

また、このときにネット以外の部分(書籍や新聞など)から情報を仕入れることも有効な方法です。単純に元の記事を見ながら執筆を進めていくだけでなく、上記のようなコピペにならないように、という意識を持っているだけでもだいぶ変わってきます。

 

ブログライター,リライト

 

また、少し危険ではありますが、自分の体験を直接書いていく方法もあります。リライトする以上は、自分の意見は入れないことが鉄則ですが、文章中盤の具体例の部分などに関してはこの限りではありません。

 

文の内容に即した経験をしたことがあれば、その内容を書いていく事は決して悪い事ではありませんし、当然ながらより文章のオリジナリティーは上がるわけです。元の文章を壊さないように注意しながら、自分の体験も盛り込んでいきましょう。

 

以上のように、何も考えないでリライトするだけではなく、リライトとは言えども、いかに自分らしさを出していくかを考えていく事が、コピペリライトにならないコツです。

 

もし、単純に文末表現を変えたり、語順を入れ替えたりするだけのリライトを行っているライターさんがいるのであれば(本来、このような作業はリライトとは呼べませんよ)、改めて、自分だけの文章を作る事を考えてみてください。

 



ブログライター,リライト

関連ページ

ペナルティーを受けない記事を書くための心構え
ウェブライターの記事で依頼が多いのがアフィリエイト用の記事ですね!ベテランになると読み返しを怠りますが、それが思わぬ事態を招くこともありますよ
リライト記事に付加価値を加える?その方法とは
リライトした記事にだって自分なりの個性を加え付加価値をつけなければ書いている意味がありませんね?
記事ネタを個性的な文章に変えるテクニック
ネットで見つけた記事ネタを、個性的なオリジナル記事に変身させるテクニックとはなんでしょうか?自分の個性を出すために、私が確認していることとは?

 
アフィリエイトの歴史と真実 ネットで1000万稼ぐネタ 男性の在宅ワーク ライターランキング ホームへ