ライター,相場,一文字,一記事

ウェブライターの相場はどれくらい?一記事当たりの単価を計算するとこうなります!

ライター,相場,一文字,一記事

ウェブライターの報酬はピンからキリまであります。仕事の種類にもよりますしその中の案件でも単価は変わってきます。例えばブログライターでは1記事が200文字位の案件で100円?良くて300円程です。

 

空き時間に少しずつできるので時間を無駄にせずに稼げるでしょう。

 

慣れてくれば時給換算にすると結構いけるのではないでしょうか。リライトは1記事600文字?800文字位の案件で100円?高くて500円程です。

 

文章が与えられている分、ネタを調べる作業など抜きにすぐに記事作成にとりかかれます。

 

ライター,相場,一文字,一記事

 

しかも実績が認められると単価もあがる可能性があります。小さいことのようですが、慣れてくるとかなりの差につながることが分かります。

 

例えば、はじめのころは月にリライトできたのが70記事だったところが、慣れてきて100記事以上書けるようになりました。

 

そして実績も認められて単価が100円から200円にあがったとすると、1ヶ月の報酬は最初は7000円だったのが、20000円と大きく上がります。

 

同じ作業ではあるのに1万円以上も変わるのです。もちろん個人個人で速度は違うのですが、頑張り次第で時給も倍以上に変わったりするのです。

 

 

ライター,相場,一文字,一記事

 

ウェブサイトの記事の作成を構成から行う場合は、すべてまとめての報酬となることが多いです。

 

案件によりますが数万円は報酬を得られるのが一般的となります。

 

情報商材などもすべてまとめての報酬を受け取れます。かなり量は多いですが、10?30万の報酬は望めるでしょう。

 

ただこれらは、情報を調査して収集する時間を考慮すると時給換算にして低くなる可能性もあります。

 

 ただこのようにどの分野のことも記事にできるのだと評価をしてもらえると、高く評価を受け、その後もリピートで発注をするようになり、仕事を探す手間がかからなくなります。

 

 

発注者側もいいライターが見つかれば安心して頼めます。

 

新たにライターを探す手間をかけたり、そのライターの記事の品質に関しては未知なので恐いのです。

 

そのため1度信頼をしてもらえれば仕事は途切れなくなります

 




ライター,相場,一文字,一記事

 
アフィリエイトの歴史と真実 ネットで1000万稼ぐネタ 男性の在宅ワーク ライターランキング ホームへ