同じテーマでもターゲットが違えば異なる文体で書く必要があり!

ウェブライターだけではなく、どんなライターも文章を作成する際は、その文章はどんな属性の人が読むのかということを意識して書かなくてはいけません。中でもコピーライターは対象者が限定されるので最も意識する必要があります。

 

ある商品やサービスを売り込むために作成される広告は、その商品やサービスを買うであろうと思われる対象者に向けて書かれるべきです。

 

 

ブログライティング,テクニック,書き方

 

例えば女性用美容品の広告を作る際に、男性が読むような文章にしても魅力が伝わりません。ただし、男性が女性に向けてプレゼントをするための広告だったら有効かもしれません。また、対象が女性だとしても、それが20代なのか30代なのかはたまた60代なのかによって文体や文章も変わってきます。
 これは広告以外の日常の文章でもいえます。大げさな例をあげると、仕事上でのミスについての報告書を作成するときに、宛先がクライアントに向けてか、上司に向けてかによって、文体や内容も変わるでしょう。

 

ブログライティング,テクニック,書き方

 

本の文章に至っても、部下の教育するマネジメント法を知りたいと考えているビジネスパーソンに向けた本と、結婚をしたいと考えている女性に向けた本とでは文体は全く変わります

 

このことはウェブライターが書く文章でも同様のことを言えます。

 

 

記事作成の発注を受けた際に、どういう人が読むのかがはっきりしないと文体が定まりません。文章を書くときは常に「誰がどのような心の状態で読むのか」ということをなるべくはっきり意識して書き始めるべきです。

ブログライティング,テクニック,書き方
TOPへ